有限グランド板付きスロットアンテナと方形マイクロストリップアンテナのH面放射特性のUTDによる解析

張 旭  稲垣 直樹  菊間 信良  春日井 靖  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J72-C1   No.11   pp.774-780
発行日: 1989/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1893
論文種別: 特集論文 (電磁波の散乱問題小特集)
専門分野: アンテナ・電磁環境
キーワード: 


本文: PDF(472.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
UTD(一様幾何光学的回折理論)は有限グランド板がスロットアンテナまたはマイクロストリップアンテナの放射パターンへの影響を考慮するのに有効な解析手法である.H面パターンに大きく影響を与えるE面エッジの寄与は従来数値積分の計算が必要となるECM(等価電磁流法)を用いて評価してきた.本論文ではその評価を行うUTDを用いる直接的で,簡便な一つの方法を提供する.すなわちエッジ回折にコーナー回折を加えることにより有限エッジによる回折を計算する方法を与える.平面直角コーナに対して筆者らは一つの回折公式を導出したが,その公式の有効性の証明も兼ねて,さまざまな寸法をもつスロットアンテナと方形マイクロストリップアンテナのH面放射特性を解析した.更に,従来の方法による結果または実験値と比較することによりよい一致が得られることを示した.