非線形中継器を介したPSK衛星通信系における誤り率特性の解析

浦部 嘉夫  森永 規彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J72-B2   No.3   pp.89-95
発行日: 1989/03/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 論文
専門分野: 衛星通信
キーワード: 


本文: PDF(546.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文は,非線形中継器を介したディジタル衛星通信系において,アップリンク,ダウンリンクにそれぞれガウス雑音およびCW干渉が加わる場合のPSK信号の受信誤り率特性を理論的に解析したものである.非線形衛星中継器については,飽和点以下の領域では線形増幅特性を示し,飽和点以上の領域では一定振幅の出力を与えるリニアリミタとしてモデル化を行っている.このモデルは,リニアライザを搭載した衛星中継器の良い近似モデルとなる.本論文では,アップリンク,ダウンリンクにおける任意個数のCW干渉波の影響を取り入れた解析を可能とし,誤り率特性を表す一般式を,積分操作の完了した形式で与えている.本解析手法は,受信位相分布に基づき誤り率の導出を行うものであるため,2相PSKをはじめ多相PSKまでを,統一的かつ厳密に取り扱うことができる.本手法に基づく計算の結果,帯域制限の無視できる広帯域システム・モデルにおいては,干渉波存在時でも衛星中継器のバックオフが小さい方が良好な特性を示すことが確認された.