有限オートマトンに基づくシステムの試験系列自動生成手法の提案―単一遷移検査系列法―

佐藤 文明  宗森 純  井手口 哲夫  水野 忠則  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J72-B1   No.3   pp.183-192
発行日: 1989/03/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 論文
専門分野: 信号方式,通信プロトコル
キーワード: 


本文: PDF(792.5KB)
>>論文を購入


あらまし: 
有限オートマトンでモデル化されるシステムの試験系列を効率的に,しかも高い信頼性をもって求めるために,仕様から試験系列を自動生成するアルゴリズムが研究されてきた.誤り検出能力の高い試験系列を自動生成する手法としては,有限オートマトンモデルに基づく状態判定集合法(PW法)および判定系列法(DS法)が既に報告されているが,PW法については試験系列が長くなりやすいこと,そしてDS法には試験系列が生成できない場合があるという欠点があった.このため,我々はこれらの欠点を補う新しい方法として,単一遷移検査系列法(SW法)をここで提案する.SW法では,有限オートマトンモデルに基づき,状態の存在を確認する系列と,状態遷移を確認する系列を生成する.SW法での状態の判定には,PW法で用いた特性集合Wを用いているため試験系列が必ず存在し,判定系列(DS)を用いているDS法に比べて適用範囲が広い.また,SW法はDS法の試験系列生成法を基本とし,それを拡張した手法を用いて生成する.生成系列長の上限値の観点では,PW法より短い値が得られた.このことから,SW法は他の二つの手法の欠点を補う有効な試験系列生成手法となることが確認された.