不均一音響管内部の複素音圧分布の実測値に基づく断面積関数の測定法

元木 邦俊  三木 信弘  永井 信夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J72-A   No.8   pp.1222-1229
発行日: 1989/08/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: 一般音響,電気音響
キーワード: 


本文: PDF(658.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
音声生成系の実体モデルでは声道部分を平面波のみが伝搬する音響管と考えており,その断面積関数をどのように与えるかが問題となっている.本論文では,不均一音響管内部の正弦波に対する複素音圧分布の実測値から,その断面積関数を求める方法を提案する.不均一音響管に対しては,無損失性,相反性および測定軸方向への平面波伝搬を仮定している.断面積は,不均一管内の複素音圧測定位置とあらかじめ定めた基準位置との間の縦続行列の各要素を求める際に,先の条件を満足させるための係数として算出される.実験は断面積の変化する軸対称管および口腔内部の形状を保持しているレプリカを測定試料として行い,得られた断面積について検討している.本方法は,口腔内の断面形状の複雑な部分の影響をレプリカによって調べる場合に有効である.