多値情報処理システムとVLSI化

亀山 充隆  樋口 龍雄  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J72-A   No.2   pp.198-207
発行日: 1989/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 招待論文 (システムのVLSI化手法特集)
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(989.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
VLSIの微細化が進行するにつれて,内部配線の複雑さに起因する性能限界が大きな問題となっているが,この解決方法の一つとして多値集積回路の有用性が最近注目されるようになってきている.本論文では,このような内部配線量の減少と共に,高並列性・コンパクト性などの特長を有する多値演算VLSIを構築するための基礎となる多値符号化およびこれに関連するハードウェアアルゴリズムの利点について考察する.これにより,従来の2値集積回路では達成不可能であった高性能VLSIが実現可能であることを,種々の具体例を通して明らかにすることを目的にしている.