ARMA4線格子形フィルタを用いた周波数重み付けモデル同定手法について

長谷山 美紀  永井 信夫  三木 信弘  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J72-A   No.1   pp.80-86
発行日: 1989/01/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: システムと制御
キーワード: 


本文: PDF(535.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,入力を白色ガウス過程と限定しないARMA4線格子形フィルタを用いることで,任意の周波数領域に重み付けをしたモデル同定を可能としている.更に,時間・次数回帰式を導出し,入力推定も可能とした.入力を白色ガウス過程とするARMA3線格子形フィルタを用いて,入力を未知とする時変システムのスペクトル推定が可能であることは,既に提案されている.しかしながら,ARMA3線格子形フィルタは,入力信号が白色ガウス過程である必要があり,周波数領域に重みを付けた同定は,不可能である.ARMA4線格子形フィルタは,フィルタを設計する際に必要とされる入力信号が,白色過程である必要がないという特色をもつため,入力が未知のシステムにおいて,周波数領域に重み付けされたスペクトル推定が可能である.本論文では,その推定手法を述べ,実験を行っている.本手法により,ARMA4線格子形フィルタを用いて,入力が未知のシステムにおいても周波数領域に重み付けした低次元モデルが,容易に得られる.