ランに対する座標演算に基づく2値画像の高速回転のための一手法

嶋 好博  柏岡 誠治  東野 純一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J71-D   No.7   pp.1296-1305
発行日: 1988/07/25
Online ISSN: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 論文
専門分野: 画像・パターン処理
キーワード: 


本文: PDF(911.4KB)
>>論文を購入


あらまし: 
画像の回転は,画像処理の基本的な機能であり,オフィスにおける文書画像処理や産業用ロボットなどの工業用画像処理に利用される.このため,従来より,ディジタル化された画素データを用いた回転方法が開発されている.本論文では,特に,2値ディジタル画像を対象として,これら従来の画素データを用いた方法とは異なり,黒画素の線分からなるランの始点ならびに終点の座標データをもとに2値画像の回転を高速で行う方法を提案する.本方法では,このランデータに対する実数演算により,任意の回転角度の画像回転が実現できるため,汎用プロセッサに適した方法であり,また,処理の高速化,使用メモリの削減も可能な実用的な方法である.まず,2値画像に対するランデータの形式とランの個数,データ量を検討する.次いで,新しく考案した2値画像の回転方法を明らかにする.この回転方式はランデータ上で横および縦方向の斜交軸変換を順次行い,回転画像を求めるものである.最後に,実際の文書画像に対して大型計算機上で画像を回転させ,この処理時間を求め,本方法の有効性を実験的に確認する.