拡張ピラミッド構造の階層間の幾何学的対応に基づいた画像の重ね合せに関する一考察

曽根 光男  坂内 正夫  尾上 守夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J71-D   No.7   pp.1238-1248
発行日: 1988/07/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 論文
専門分野: 画像・パターン処理
キーワード: 


本文: PDF(895.2KB)
>>論文を購入


あらまし: 
画像の重ね合せに,画像のピラミッド構造化によるアプローチが普及している.しかし,従来のピラミッド構造は2×2画素を一つ上の層の1画素に対応させて構築しているので,画像サイズの圧縮に関して柔軟性に乏しい.そこで,本文では,これを拡張してm×n画素を一つ上の層の1画素に対応させて,拡張ピラミッド構造を構築する.そして,階層間の対応を類似対応ではなくて幾何学的対応と限定した場合,各層のテンプレート画像の左上候補位置,最良左上位置をそれぞれ定義し,各層の探索範囲について述べる.更に,各層の画像を定義し,本考察を画像の重ね合せに応用する方法を示す.