音声規則合成におけるルールベース構築支援システム―合成規則の自動抽出―

山下 洋一  谷口 賢一  溝口 理一郎  柳田 益造  角所 収  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J71-D   No.6   pp.1012-1019
発行日: 1988/06/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 論文
専門分野: 音声処理
キーワード: 


本文: PDF(803.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
規則合成方式の音声合成においては,合成すべき音韻記号列に対し規則を用いて種々の音響パラメータを決定し,合成音声が生成される.従来,音声合成の専門家が試行錯誤を繰り返すことにより合成規則を作成してきたが,効率良く質の高い規則を作成し,それらの規則を修正,管理するためには計算機を用い専門家の行う作業を支援することが有効と考えられる.そのためにはいくつかの機能を実現することが必要であるが,本論文では特に,多数の音声データから帰納推論を行うことにより合成規則を自動抽出する手法について述べている.あらかじめ用意された合成規則を用いて決定される音響パラメータが,実際に人間が発声したときの音響パラメータとどのように異なるかを「比較例」として記述し,そこから帰納推論を行う.比較例の中で音声データに対する音韻環境を記述し,そこに現れる属性値に対する概念の階層性を「音声学に関する専門知識」として与えておき,帰納推論時に利用している.特に,子音に関しては複数の階層性を考慮し,最も都合の良い階層性を選択する.また実際に,単語中におけるCV音節時間長に対する合成規則を抽出し,本方式の有効性を検証している.