特徴量空間とピラミッド構造とを用いた画像の高速重ね合せ法

曽根 光男  寺田 聡  坂内 正夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J71-D   No.1   pp.102-109
発行日: 1988/01/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 論文
専門分野: 画像・パターン処理
キーワード: 


本文: PDF(689.7KB)
>>論文を購入


あらまし: 
形状類似形の検索に有効な画像の重ね合せは,ピラミッド構造の階層間の幾何学的対応に基づいた画像の重ね合せを用いて高速にできることが報告されている.しかし,大規模画像の中から「この形を含む画像を探せ」や「この形に似た部分を探せ」などの形状類似形の探索をする場合,一般には入力画像とテンプレート画像とのサイズの比が大きくなり,ピラミッド構造を採用しても演算時間短縮の効果が薄れる.これは,誤探索を少なくするために解像度をあまり落とすことができないので,解像度を落とした最上層での概略重ね合せにかなりの時間を必要とするからである.そこで,本文では入力画像とテンプレート画像とのサイズの比が大きい場合に,特徴量空間とピラミッド構造とを用いて画像の重ね合せを高速に行う手法を提案する.本手法は,最上層のすべての候補点で概略重ね合せを行うのではなく,まず,特徴量がある条件を満たす候補点のクラスを抽出し,それについてのみ概略重ね合せを行うものである.本手法はテンプレート画像に類似した複数のものも高速に探索できる.また,本手法を道路網図,図画画像に適用して,その高速性,有効性を示す.