ウィンドウフロー制御パケット網における公平さに基づいたウィンドウ割当て

山本 幹  秋吉 一郎  中西 暉  真田 英彦   慶一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J71-B   No.2   pp.111-120
発行日: 1988/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文
専門分野: 通信網,通信サービス
キーワード: 


本文: PDF(896.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
入力待ち行列に制限のあるウィンドウフロー制御網における最適ウィンドウズ割当てについては,全論理チャネル(LC)で平均をとった遅延,スループットを評価基準とする最適化問題が,従来取り扱われてきた.このために,従来の最適点においては,各LCの特性に大きなばらつきが生じ,不公平な状態に陥っている可能性があった.本論文では,LC間の「公平さ」を評価基準に取り入れた,最適ウィンドウサイズ割当て問題について検討を行う.公平さを取り扱うに当たって,網に加入するユーザ間の相互影響が網全体で均等化される点を,最も公平な状態と定義し,この概念に基づいた公平さの評価基準を提案する.更に,この公平さを評価基準としたウィンドウサイズ割当て問題について検討を行い,本公平さを用いれば,各LCが伝送段数に応じた遅延特性を持ち,全LCのスループット特性が均等化するように最適ウィンドウサイズを設定できることを明らかにし,本公平さが有効な評価基準であることを示す.