オーディオグラフィック通信会議装置におけるファイル構成法

小寺 博  酒井 善則  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J71-B   No.12   pp.1572-1580
発行日: 1988/12/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文
専門分野: 通信方式,通信伝送機器
キーワード: 


本文: PDF(705.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
常時通信相手と同一の画像を使用者に提示することが求められる,文書を主体とするオーディオグラフィック会議においては,電子化された文書,すなわちファイルの取扱いが設計上重要なファクタである.本論文においては,ファイル記憶装置の設置方式をメモリ量・通信・検索の面からコスト計算から評価し,64kbit/sあるいは4kHz程度の狭帯域通信回路を用いる会議システムにおいては,各通信装置にファイル記憶装置を設けると共に,共有ファイルの設置が最適であることを示している.また,これら複数ファイル装置に蓄積されたファイルの内容を一致させるファイル同期手法において,ファイル照合,不一致修復方式について述べている.処理量の観点から照合方式の比較検討を行い,各ファイルに施した処理内容をファイル識別子のパラメータとして付加する形式を提案している.