声門における2次元粘性流れの有限要素解析

飯嶋 弘久  三木 信弘  永井 信夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J71-A   No.7   pp.1350-1357
発行日: 1988/07/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6091
論文種別: 論文
専門分野: 音声
キーワード: 


本文: PDF(545.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
声門を流れる2次元粘性流れに関して数値解析を行う.流体の運動方程式であるナビエ・ストークス方程式に対し,有限要素法により定式化を行い,求められる非線形連立方程式を,増分法とニュートン・ラフソン法を使用した収束計算によって解く.解析に用いる声門の物理形状モデルとしては,既に提案されているモデルを参考にした有限要素モデルを設定する.離散化の手順の概要を示した後,数値計算の結果を示す.まずモデル内の流速,圧力分布を図示する.全体的には流速分布において,声門上部の空間に粘性による渦が発生し,流れが速くなるに従って渦は大きくなっていく傾向がみられる.また流速,圧力分布から電気的に等価な抵抗値の1次元分布を求め,回路モデルへのパラメータ化に対し有効であることを述べる.同時に声帯筋による狭めの部分におけるこの抵抗値の複雑な動向を示す.更に声門モデル内の体積速度と抵抗値の関係を求め,抵抗が非線形であることを示す.