ARMAモデルを用いた音声の一合成法に関する音質評価

王 剛  三木 信弘  永井 信夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J71-A   No.12   pp.2111-2119
発行日: 1988/12/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6091
論文種別: 論文
専門分野: 音声
キーワード: 


本文: PDF(824.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
音声合成におけるARMAモデルの利用による合成音の音質の向上効果と問題点を検討する.まず,ARMA係数を用いて音声を合成する場合に,残差信号を求める分析フィルタの構成に,MA部の取扱いに特に注意を要することを述べる.次に,ARMA係数を用いた合成音と,AR係数を用いた合成音との音質比較を行う.音質は,聴覚実験(シェッフェの1対比較法)による「好ましさ」の尺度で評価し,ARMA係数を用いた方が合成音の音質が向上することを示す.また,ARモデルにおける分析手法の違いによる合成音の音質の差があまりないことを示す.最後に,合成音の音質を客観的に評価する尺度として,ARMAモデルのMA部の性質を考慮し,聴覚実験による評価の結果とよく一致する新たなスペクトルひずみの尺度を提案する.