インタビュー形式でユーザーと対話するデータベース論理設計支援システム

川口 敦生  溝口 理一郎  山口 高平  角所 収  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J70-D   No.11   pp.2243-2249
発行日: 1987/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 特集論文 (ヒューマンインタフェース特集)
専門分野: マン・マシンソフトウェア
キーワード: 


本文: PDF(650.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
インタビュー形式でユーザーと対話し,ユーザーが構築しようとしているデータベースの論理設計を支援するシステムI2S-LDについて述べた.システムはデータベース設計者として働き,データベースの構築に必要な知識を発注者から引き出し論理設計を行う.まず発注者があらかじめ用意した検索要求文の集合を解析する.次に発注者と質疑応答を行い,必要と思われる情報をユーザーから引き出すことを試みる.最後に構築するデータベースの概念スキーマを作成する.システムはプラン構造と呼ばれる知識表現形式でデータベース化の対象となる世界をモデル化している.プラン構造の採用によって,システムは発注者が見落としがちな事項の示唆,データベース内での各関係の整合性の検討などを行うことができる.