ユーザフレンドリープロトコル検証システム

山本 博章  相沢 茂喜  岡崎 直宣  高橋 薫  白鳥 則郎  野口 正一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J70-D   No.11   pp.2219-2227
発行日: 1987/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 特集論文 (ヒューマンインタフェース特集)
専門分野: マン・マシンソフトウェア
キーワード: 


本文: PDF(872.9KB)
>>論文を購入


あらまし: 
通信プロトコルは,情報通信ネットワークなどにおいて,情報の円滑な通信を保証するために定められた規則であり,システムの基本構造を規定する重要な要素となっている.このようなシステム開発を効率的に推進するためには,設計されたプロトコルの仕様の論理的矛盾やあいまいさを検出し,それを設計者に適切に指摘するプロトコル検証システムの開発が必須の条件となっている.本論文では,ユーザフレンドリー性を重視したプロトコル検証システムを与える.本検証システムでは,プロトコルは仕様記述言語NESDELを用いて仕様化され,その検証は従来のパータベーション解析に基づいた検証法EXPAを一般化したEXPAを用いて行われる.検証の結果として,デッドロックなどのプロトコル上の論理誤りは,検証用表現から対応する元のNESDEL表現上でユーザーに提示される.従って,本検証システムでは,従来の検証システムとは異なり,ユーザーは理解性に乏しい検証用表現や検証結果の表現を知る必要はなく,理解性に優れた仕様記述表現だけを用いてプロトコルを記述し,検証することが可能となっている.その結果,検証システムのヒューマンインタフェースを向上させ,プロトコル開発における生産性を向上させる.