日本文入力方式と鍵盤方式の最適化

森田 正典  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J70-D   No.11   pp.2047-2057
発行日: 1987/11/25
Online ISSN: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 招待論文 (ヒューマンインタフェース特集)
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(1.5MB)
>>論文を購入


あらまし: 
まず,入力の対象となる日本文の特徴,入力方式に関係する人間工学的要素,および入力方式として望ましい条件の3者を明確にした.上記3要件を踏まえて,最適の日本文入力方式は何であるかを追求した結果,日本文入力用に最適化したローマ字方式である通称M方式が最も優れているとの結論を導いた.M方式の特徴は,子音キーと母音キーを,右手と左手に分類してそれぞれを50音順に配置し,漢字入力の際の打鍵数節減のための特別な複合キーを配置して,漢字入力の高速化を図ったことである.一方鍵盤方式としては,現在一般に使用されているキーボードの欠点を明確にし,筆者らが,それらの欠点を改善のために努力して改善を重ねてきた各種の製品を紹介し,最新型の鍵盤方式としては,仮想キー方式の採用によって機能キーの数を減少させ,常時頻繁に使用する機能キーのみを左右の手の形に合わせたデータキーの周辺に配置した,左右分離型の鍵盤を紹介している.