平衡形ストリップ線分岐線路3dBハイブリッド回路の平面回路モデルによる合成

穴田 哲夫  許 瑞邦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J70-B   No.7   pp.826-832
発行日: 1987/07/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文
専門分野: 無線・衛星通信
キーワード: 


本文: PDF(548.2KB)
>>論文を購入


あらまし: 
高周波帯で,伝送線路形分岐線路3dBハイブリッド回路をストリップ線回路で実現しようとすると伝送線路接合部で電磁界の乱れが生じ,またこれらの相互干渉のため,周波数特性は所望特性より劣化することとなる.本論文は,この電磁界の乱れを電磁波回路として合理的に取り扱うために,伝送線路形分岐線路3dBハイブリッド回路を分岐線路部と接合回路部に分離し,各部分の機能解析に基づいて等価回路を導出し,この等価回路を面的広がりのあるストリップ線回路でいかに実現するかを述べている.具体的には,平衡形ストリップ線路を平面的伝送線路モデルに近似することにより,ハイブリッド回路全体を平面的伝送線路回路モデルに置き直す.これに平面回路理論を適用して,伝送線路接合部分での電磁界の乱れによる所望ハイブリッド特性からのずれを設計に組み込んだ実際的な合成法を確立している.更に,平衡形ストリップ線路でハイブリッド回路を実際に設計し,また対応した回路を作成,測定している.その測定結果は理論計算した周波数特性とよく一致したことにより,本合成法の妥当性,有効性を確認した.