放送衛星経由のテレビジョン信号を利用した時刻の精密遠隔比較

佐々木 正巳  小川 恭孝  伊藤 精彦  佐藤 得男  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J70-B   No.4   pp.489-494
発行日: 1987/04/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文
専門分野: アンテナ,伝搬
キーワード: 


本文: PDF(651KB)>>
論文を購入




あらまし: 
時刻の精密遠隔比較法の一つにテレビジョン信号に含まれる同期パルスを利用する方法があり,特に同一アンテナから発射される電波を利用した比較は高精度で安定度も高い.一方,昭和59年1月,および,昭和61年2月に我が国で放送衛星が打ち上げられ,衛星放送が受信可能となっている.この放送衛星経由のテレビジョン信号を利用すれば,全国的に均一の精度で時刻比較が可能となる.本論文は,この方法を用いて東京-札幌間で時刻比較を行い,その比較精度(精密さ)について検討したものである.まず,東京-札幌間で実測された1時間ごとの時刻比較結果から,放送衛星が静止衛星軌道付近を漂動することに起因する伝搬遅延時間の変動の幅について述べている.そして,放送衛星の軌道予測値から,変動する伝搬遅延時間を推定し,実測値に補正したときに得られる時刻比較精度について検討を行い,10~20nsec程度の高い精度が得られることを明らかにした.