オーディオグラフィック通信会議における多地点間通信制御法

谷川 博哉  中根 一成  酒井 善則  松本 充司  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J70-B   No.3   pp.316-326
発行日: 1987/03/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文
専門分野: 通信方式,通信プロトコル
キーワード: 


本文: PDF(789.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
オーディオグラフィック通信会議は音声,文書,抽画等のマルチメディアを用いた遠隔地間通信会議の一形態である.64 kbit/sec程度の低ビットレートの回線を用いて実現できるため,最近注目を集めている.本論文では,3地点以上の多対地で通信会議を実施するための多地点間通信の網形態として,データ遅延,雑音,設備量の点から,端末をスター接続し,中心に多地点間通信装置を設置する形態が望ましいことを明らかにしている.また,オーディオグラフィック通信会議に特有な機能である画像情報の多地点間分配機能に関し,多地点間通信装置に要求される通信プロトコルの処理機能,データ送信元端末を定めるためのトークン制御機能,各種制御コマンドに対するレスポンス返送機能,および64kbit/sec回線内の音声情報と画像情報の転送速度の配分を変えるチャネル分割制御機能について検討し,会議端末に対地数を意識させない多地点間通信制御法を実現している.