多元放送伝送路におけるバースト/ストリーム複合型トラヒックに対するアクセス制御方式

杜 榕平  岡田 博美  中西 暉  真田 英彦   慶一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J70-B   No.1   pp.1-10
発行日: 1987/01/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文
専門分野: 通信網
キーワード: 


本文: PDF(811.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文は,バースト/ストリーム複合型トラヒックに対するアクセス制御の一方式としてReservation CACC(R-CACC)方式を取上げ考察したものである.本方式は,実チャンネル容量の大きな仮想チャネルへの予備アクセスによるスロット獲得,および獲得したスロットの予約保留による継続伝送の二つの機能を有し,前者がバースト型トラヒックに,後者がストリーム型トラヒックにそれぞれ有効に働くように考案されたものであり,比較的簡単な分散制御で実現できる.本方式の性能評価を,局数があまり多くない場合はマルコフ厳密解析により,局数が多い場合は本方式の持つストリーム型トラヒックの伝送状況に着目した近似解析により行い,R-CACC方式が従来の方式に比べて優れたスループット・遅延特性を有する領域を示し,本方式が多元トラヒックに柔軟に対処し得る有効なアクセス制御方式であることを明らかにする.最後に,衛星リンクへの実用化の際に生じる種々の問題について検討を加える.