確率信号のパラメトリックモデリングに関する並列処理方式

宮永 喜一  永井 信夫  永田 邦一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J70-A   No.10   pp.1395-1405
発行日: 1987/10/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6091
論文種別: 論文
専門分野: ディジタル信号処理
キーワード: 


本文: PDF(877.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文において,ARおよびARMAモデリングの新しい並列処理方式を提案する.並列処理方式は各種提案されているが,最近の並列処理方式として,多くの処理ユニットを用いた方法が議論されている.本論文で提案する並列処理は,ARモデリングとARMAモデリングの並列化である.これらのモデリングはディジタル信号処理の分野において重要な役割を果たしており,今後その処理の規模は更に拡大すると予想される.ここで議論するモデリングは回帰的最小2乗法に基づく方法である.一般に,ARモデリングは線形方程式により容易に解かれる.しかしARMAモデリングについては,モデルの入力が観測できない場合が多く,問題が非線形となる.従って,解法自体かなり複雑となり,その並列化も他の並列処理に比べ容易ではない.本論文では,簡単な基本ユニットを用いて,それらの問題が並列に処理できることを述べ,その処理時間について検討している.