VLSI向き4進Signed-Digit数多値演算回路の構成

川人 祥二  亀山 充隆  樋口 龍雄  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J69-D   No.5   pp.679-689
発行日: 1986/05/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 論文
専門分野: 計算機システム・構成要素
キーワード: 


本文: PDF(828.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
高密度化および,高速演算が可能な,VLSI向きの多値論理に基づく4進Signed-Digit数(以下SD数)演算回路を提案する.SD数の符号対称性に着目し,演算回路の入出力において電流をどちらの向きにも流すことが可能なMOS電流モード回路,すなわち双方向電流モード回路を新たに提案し,これに基づくいくつかのSD数演算回路を構成している.この方式によりSD数の冗長性のために生ずる回路構成および配線の複雑さを,雑音余裕を減少させることなく解消できる.またこれらの演算回路を電子回路解析プログラムSPICE2によりシミュレーションを行った結果,コンパクトな回路構成で,超高速の演算が行えることが明らかとなった.例えば,2μmCMOSプロセスで実現した場合,約17×16ビット相当のSD数乗算器の乗算時間が約40nsという結果を得た.