部分画像の並列切出し照合方式に基づく捺印パターンの欠陥検出

嶋 好博  柏岡 誠治  安江 利一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J69-D   No.3   pp.417-426
発行日: 1986/03/25
Online ISSN: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 論文
専門分野: パターン認識・学習
キーワード: 


本文: PDF(947.1KB)
>>論文を購入


あらまし: 
電子部品の製造においては,従来,外観検査はほとんど目視で行われており,その自動化が重要な課題となってきている.本論文では,集積回路等の電子部品における表面の捺印パターンを対象とした欠陥の自動検出方式について述べている.電子部品では表面に捺印された文字記号が唯一の品種判定の糸口であり,従ってこの捺印パターンはその部品の持つ品質の一部といえる.捺印パターンの欠陥としては,文字の消え,欠け,汚れ,などがある.本論文ではまずこれらの欠陥の特徴を示す.また,観測点における文字の部分の存在を検出する定点サンプリング法を,ストロークに沿った観測点位置で判定を行うように改良し,さらに文字の位置ずれの影響に対応するため,これら観測点を縦横に移動できるような処理を加えた文字欠陥検出方式を提案する.次に,この欠陥検出方式を高速に実現するために開発した専用の画像処理装置の構成と動作を述べる.この装置の特徴は,画像メモリに対する局所パターンの並列読み出しから,照合演算までの一連の処理をパイプライン制御で行い高速化を図っている所にある.最後に試作した装置を用いた実験システムの構成と実際の電子部品の捺印パターンを対象とした自動外観検査の実験結果を示し,本装置方式の有効性を明らかにする.