並行処理型待ち行列網シミュレータD-SSQ

佐藤 圭  中西 暉  真田 英彦   慶一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J69-D   No.3   pp.302-311
発行日: 1986/03/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 論文
専門分野: 計算機システム・構成要素
キーワード: 


本文: PDF(771.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
ノード分散並行処理事象駆動型待ち行列網シミュレータD-SSQは,待ち行列網が本来有する並列性の有効利用を目的とするため,実行制御方式に先行制御方式を採用している.先行制御方式は,各プロセッサが他のプロセッサからの制限の可能性をとりあえず無視して処理を行い,プロセッサ間通信によって他プロセッサの影響が顕在化して矛盾の発生を検出すると,処理を部分的にキャンセルすることにより矛盾の解消を図る方式である.実験システムおよび大型計算機シミュレーションを用いてD-SSQの処理能力を検討した結果,処理能力はプロセッサ台数に対して線形に増加すること,分散化オーバーヘッドが大きいことと過度の先行による無効処理量が多いことから処理能力は期待したほど大きくならないという結果を得た.そこで,過度の先行を押さえることを目的とした規制先行制御方式を検討した結果,処理能力が改善されること,先行規制量に最適値が存在すること等の知見が得られた.