ナマズの網膜細胞の光刺激反応

横山 清子  細川 浩  中 研一  石井 直宏  高田 和之  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J69-D   No.2   pp.241-247
発行日: 1986/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 論文
専門分野: 医用電子・生体工学
キーワード: 


本文: PDF(613.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文は,約1000個のナマズの網膜細胞に対する光刺激への反応パターンを計算機を用いて解析した結果である.網膜で物の形を認識するためには,光刺激のパターンが異なると反応のし方も異なり,それが脳に伝達されると仮定できる.そこで,物体の形状認識のメカニズムの一部の解析のため,網膜細胞に異なった光刺激あるいは電流刺激を与えた時の反応のし方の相違について統計的に解析した.本研究では,9種類の異なった光刺激と電流刺激とを眼球あるいは特定の細胞に与え,特定の細胞からのインパルス応答の頻度を計数した.そのインパルス頻度分布の形状の特徴を計算機で抽出し,その特徴量を用い検索処理等を行い,ヒストグラムやスキャタダイアグラムによる統計解析を行った.その結果,網膜への光照射時間によりそれに対する反応時間すなわちインパルス応答持続時間が異なること,および光の動きによるインパルス応答の生起時刻が異なること等,光刺激と頻度分布パターンの形状の関係が明らかにされた.