擬似中間調画像の予測MH符号化方式

大町 隆夫  水野 昇治  臼渕 徹  飯沼 一元  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J69-B   No.8   pp.816-822
発行日: 1986/08/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文
専門分野: 情報源符号化・通信端末
キーワード: 


本文: PDF(728KB)
>>論文を購入


あらまし: 
ディザ画像や網点画像等の擬似中間調画像をCCITT国際標準のMH符号器を用いて効率良く符号化する予測MH符号化方式を提案する.擬似中間調画像では濃淡を黒画素のドット密度で表現するため,黒と白の短いランが多数発生し,これをそのままMH符号化するとかえって符号量が増大し,圧縮できない.本方式では予測,配列変換,平滑化を行う前処理回路をMH符号器に付加することにより,入力された擬似中間調画像をMH符号化に適した形に変換するものである.本方式を4×4のBayer型のディザ画像に適用した結果,直接MH符号器で符号化する場合の1/8に符号量を抑えることができた.なお本方式ではLSI化,高速化等が進んでいる標準のMH符号器に全く変更を加えずにそのまま使用できるため,G3ファクシミリとの親和性が良く,中間調画像伝送用のオプションとして有効である.