符号間干渉通信路における最尤復号器の復号誤り確率

笹野 博  笠原 正雄  滑川 敏彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J69-A   No.3   pp.443-451
発行日: 1986/03/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6091
論文種別: 論文
専門分野: 情報基礎
キーワード: 


本文: PDF(605.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
符号間干渉のある通信路に対しViterbi復号器を用いた最尤復号器を適用した場合における復号ビット誤り確率の上界式の導出あるいは数値計算に要する労力は,符号間干渉の長さとともに急速に増大し困難なこととなる.本論文では比較的容易に計算でき,かつ十分厳密な新しい復号ビット誤り確率の上界式を符号間干渉の長さが1および2の場合について導出する.そしてこの上界式が符号間干渉の長さが2の場合にもさほど複雑にはならないことを示す.具体的な数値計算例により本上界式がViterbi-Omuraによってすでに提案されている上界式に比べ,誤り確率で1桁程度優れていることを示し,さらに計算機シミュレーションの結果と比較することにより本上界式の厳密性を明らかにする.