部分パターンマッチングにおける標準パターンの選択方式

柏岡 誠治  嶋 好博  江尻 正員  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J68-D   No.5   pp.1103-1110
発行日: 1985/05/25
Online ISSN: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 論文
専門分野: パターン認識・学習
キーワード: 


本文: PDF(675.1KB)
>>論文を購入


あらまし: 
画像処理によって物体の位置を検出する有効な方法として,対象の部分画像のみを標準パターンとして用いる部分パターンマッチング法がある.この方法を実施するには,画面内でユニークな部分パターンを選択して標準パターンとすることが必要となる.本論文は,この標準パターン選択を自動化するための方式について述べたものである.そのためにまず誤マッチングの原因について述べ,それに関係して標準パターンと画面中から抜出した各部分パターンとのマッチング誤差の分布について解析する.その結果をもとに標準パターン選択のためのユニークさを表わす評価関数を定義し,さらに予備選択のための補助評価関数を定義して処理時間を短縮する.いずれも標準パターンとしての適性を検定するものであり,簡単な専用回路を用いることにより実用的な処理時間で実行することができる.