通信路の状態を考慮したフレーム同期方式の構成と解析

富士 剛  佐藤 正志  笠原 正雄  滑川 敏彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J68-B   No.7   pp.787-794
発行日: 1985/07/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文
専門分野: 通信理論
キーワード: 


本文: PDF(587.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
同期はずれの生起した通信路においては,通常おおよその同期位相を知ることが可能であると考えられ,フレーム同期方式の設計においてもこのことを考慮に入れた検討が必要である.本論文では,ハードウェアに関する制約にさほどとらわれずに,同期位相の確率分布を考慮に入れた高速フレーム同期方式の実現を目的として,複数個のカウンタを用いるマルチ・カウンタ方式を提案する.マルチ・カウンタ方式はその典型的な方式として,集中探索方式と分割探索方式を含んでいるが,ここでは具体的な通信路における同期位相の確率分布に対し,マルチ・カウンタ方式の同期復帰特性を明らかにする.この結果,マルチ・カウンタ方式は通信路の状態に適応する柔軟な同期方式であることが明らかとなった.