インパルス性無線雑音に対する同期型最適受信機

草尾 寛  森永 規彦  滑川 敏彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J68-B   No.6   pp.684-691
発行日: 1985/06/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文
専門分野: 無線・衛星通信
キーワード: 


本文: PDF(571.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,インパルス性無線雑音の妨害が存在する電磁環境下で稼動するディジタル通信システムに関して,雑音の影響をできるだけ抑圧し,より優れた受信特性を実現する最適受信機に関する理論的考察を行っている.インパルス性雑音が受信特性に与える影響は,誤り率の点でガウス雑音とはかなり異った特徴を示すことが知られている.このようなインパルス性雑音の妨害に対しては,従来のガウス雑音に対応した最適受信機では不十分であり,インパルス性雑音の統計に基づいた最適受信機を開発する必要がある.そこでまず,複雑なインパルス性雑音の統計モデルを簡略化することにより,比較的簡素な構成で物理的にも十分実現可能な同期型最適受信機を考案し,次いでその誤り率特性を明らかにして,在来受信機に比べて大きな特性改善のあることを示している.また,先に提案されている,SN比の極めて小さい領域において最適に振る舞う受信機(LOBD)との比較を行い,本論文での最適受信機がSN比の大小にかかわらず最適であること,また実現性の点でも,複雑な非線形デバイスを必要とするLOBDに対して有利であることを明らかにしている.