ウインドウデータリンク制御方式のスループット特性の解析

井上 健  中西 暉  真田 英彦  手塚 慶一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J67-B   No.4   pp.384-391
発行日: 1984/04/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(604KB)>>
論文を購入




あらまし: 
ウインドウ機構を採用したデータリンク制御方式が回線伝搬遅延の影響下で示すスループット特性の解析法を提案している.これは,データリンクを2つのサブモデルに分解して各々に関する確率過程を独立に解析し,その結果を統合するものである.この解析は,データリンクモデルを直接解析するのに比べて計算が容易であり,比較的一般のフレーム長分布について高い精度で評価が行える点が特徴である.提案した解析法の有効範囲は,伝送効率値が0.7~1程度のスループット劣化が問題にされる範囲であることを示し,この解析法を用いればウインドウ設定に関するスループット特性の見積りおよび有効限界条件の評価が容易に行えることを明らかにしている.