通信路誤りを考慮したベクトル量子化器の構成

熊沢 宏之  笠原 正雄  滑川 敏彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J67-B   No.1   pp.1-8
発行日: 1984/01/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(560.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
近年,画像あるいは音声の高能率符号化法としてベクトル量子化が注目を集めている.従来,高能率符号化すなわち情報源符号化の問題の多くは通信路符号化の問題と分離して研究されてきているが,本論文ではこれらの問題は一体にして考究すべきであるという観点からベクトル量子化を見直すことにより,より一般的なベクトル量子化器として通信路に整合したベクトル量子化器を提案する.そして二元対称通信路に整合したベクトル量子化器を,無記憶ガウス情報源,ガウス・マルコフ情報源及び実際の画像に対して設計し,従来の通信路誤りを考慮していないベクトル量子化器と比較検討する.その結果,通信路に整合したベクトル量子化器は,(i)誤り訂正のための冗長を付加することなくパフォーマンスを改善できること,(ii)相関の強い情報源に対して有効に働くこと,(iii)ブロック長kが長いほどパフォーマンスの改善が大きくなること等の特長を有することを明らかにする.