網膜神経節細胞応答特性の非線形解析

福島 能久  原 健一  木村 正行  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J67-A   No.6   pp.588-595
発行日: 1984/06/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6091
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(625.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
生体の視覚神経系の情報処理機能を定量的に解明するために,ウィーナの非線形システム理論を適用した研究が行われてきた.そのような研究により,網膜におけるある種の細胞の応答特性などについて注目すべき結果も報告されている.しかし,その理論に基づいてより高次の非線形性を扱う場合には,膨大な計算量を必要とするばかりでなく,得られた結果の物理的意味の把握が困難となるなどの問題点がある.本論文では,神経節細胞の応答特性を定量的に調べるために,網膜の神経細胞間の基本的な結合関係や応答特性に関する生理学的知見に基づいた独自の非線形解析法を提案し,この解析法をネコの網膜神経節細胞に適用してその有効性を検証するとともに,神経節細胞の受容野の応答特性を解明した.その結果,X型神経節細胞は双極細胞からの入力の寄与が著しいためにその応答特性はほぼ線形であり,Y型神経節細胞はアマクリン細胞からの入力の寄与が著しいことから,その応答特性の非線形性が大きいことなどが定量的に明らかにされた.