網膜神経節細胞の非線形時空間モデル

福島 能久  原 健一  木村 正行  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J67-A   No.12   pp.1181-1187
発行日: 1984/12/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6091
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(525KB)>>
論文を購入




あらまし: 
網膜神経節細胞の受容野の構造は,単純で,均質であると考えられていたが,受容野の空間加算特性に基づいて,神経節細胞はX型とY型に分類できることが示された.その後,不規則に変調された光刺激を用いて,X型とY型の受容野の構造が次第に明らかになってきた.筆者らは,さきにネコの神経節細胞の受容野の応答特性を定量的に調べるために,網膜における神経節細胞への信号伝達経路に着目して,神経節細胞の同定法を提案した.さらに,その同定法を適用して受容野の時間応答および空間応答特性について報告した.本論文では,さきに報告した受容野の時間応答および空間応答特性に基づいて,受容野の時間特性と空間特性を統合した時空間モデルを構成する.この時空間モデルは受容野の線形機構と非線形機構からなる.さらに,各機構は時間特性と空間特性を統合した時空間応答特性で表わされる.この時空間モデルを用いて,神経節細胞の刺激-応答における時間周波数と空間周波数の間の相互作用について調べた.