パルス列剰余数演算回路を用いたディジタル信号処理システムの高信頼化

苫米地 宣裕  亀山 充隆  樋口 龍雄  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J66-D   No.3   pp.340-347
発行日: 1983/03/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5713
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(616.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,剰余数系に基づく高信頼化ディジタル信号処理システムを,効率的に構成する方法として,誤りの検出は基本回路内部で各けた毎に行い,誤りの訂正は,剰余数系の並列性を利用して行う誤り検出,訂正方式を提案している.まず,基本回路として,カウンタを主要な構成要素とし,パルスの計数と符号変換に基づく演算回路(パルス列演算回路)を用いれば,誤りが簡単な回路で検出できることを示している.次に,検出された誤りの訂正方法として,剰余数系のベース拡張を基本とした,効率的なアルゴリズムを提案している.又,オーバフローの検出方法を検討し,誤り訂正と一体化できることを示している.応用例として,フォールトトレラントディジタルフィルタの構成法を述べている.最後に,従来の方法と比較し,2次巡回形フォールトトレラントディジタルフィルタが,大幅に少ない基本回路数で構成でき,且つ,信頼度もより向上できることを示している.