マイクロ波を用いた局所的ハイパサーミアのための集束形導波管アプリケータ

二川 佳央  菊地 真  岩本 正伸  森 真作  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J66-B   No.8   pp.1035-1042
発行日: 1983/08/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(649.6KB)
>>論文を購入


あらまし: 
ハイパサーミアを用いた癌治療では,無侵襲で局所的な生体の加温が望まれている.現在,この目的のために電磁波による誘電加熱を用いた加温方法が提案されている.しかしながら,生体深部を局所的に加温するためのアンテナ(アプリケータ)の設計指針に関する研究は,ようやく緒についたばかりである.本論文では電磁波を生体内のより深部に浸透させる目的で,導波管中に誘電体が詰められた金属レンズを挿入した集束形導波管アプリケータを提案した.本アプリケータを用い2450MHzにて生体と等価な電気的,熱的定数を有する筋肉一層および筋肉・脂肪二層のファントムモデル加温実験を行ない,モデル内部の温度分布を液晶フィルムを用い二次元的に調べ検討した.その結果集束形導波管アプリケータの使用により,従来から一般に用いられてきた単純な導波管形アプリケータに比べ電磁波の浸透性は40%以上向上し,より深部の加温が可能であることが確認され,さらに本アプリケータ用に提案した表面冷却装置を用いることにより,ハイパサーミアに必要とされている局所的な加温が可能となることが明らかとなった.