電界結合TM010誘電体円柱共振器を用いた帯域通過フィルタ

小林   小嶋 克人  吉田 信一郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J66-B   No.3   pp.313-320
発行日: 1983/03/25
Online ISSN: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(633.1KB)
>>論文を購入


あらまし: 
筆者らは,以前に,マイクロ波帯における小形共振器の新しい構造として,遮へい形TM010誘電体円柱共振器(TM010共振器と略す)を提案し,その設計法を示した.本論文では,この共振器を同軸状に配列して電界結合により構成される帯域通過フィルタの設計について述べる.まず,電界結合TM010共振器の共振周波数の解析を,境界条件より導びかれる積分方程式にリッツ・ガレルキン法を適用して行い,本法がフィルタ設計に必要な結合共振器の結合係数と中心周波数および挿入形TM010共振器の共振周波数の計算に有効なことを示す.次に,軸対称TM010モードの強い結合の実現と非軸対称高次モードの励振の抑制に有効なプローブ励振線の特性を実験的に明らかにする.これより,励振線および結合孔による共振周波数の変化量を考慮に入れたフィルタの中心周波数の評価が可能になった.最後に,以上の結果を基にして,種々の帯域幅の2段及び3段フィルタを2.7GHzで設計し,本設計の妥当性を実証する.この結果,比帯域幅1~10%の低損失(0.15~0.6dB)な,1オクターブ以上の周波数帯にわたりスプリアス応答の現れない小形フィルタが実現された.