パルス間隔・幅変調システムの信号対雑音比

宮園 道明  村田 正  滑川 敏彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J66-B   No.1   pp.126-132
発行日: 1983/01/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(481.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
一般に,パルス化アナログ変調方式では広い周波数帯域幅を必要とするため,使用する伝送路によっては帯域制限を受けることがある.このため同方式の狭帯域化を図る必要がある.本論文では,パルス化アナログ変調方式としてパルス間隔・幅変調(PIWM)方式を取り上げ,同方式の狭帯域伝送をねらいとした1次PIWM波伝送システムの信号対雑音比(SN比)の解析を中心とした検討を行い,伝送システムの設計基準を求める.まず,変調パラメータに関し,1次PIWM波が周波数変調(FM)波とみなせる範囲を求め,同波の周波数帯域幅を数値計算により求めている.次に,1次PIWM波を利用した伝送システムの解析モデルを示し,等価雑音パルスによる雑音解析法を示し,SN比を解析的に求めている.更に,数値計算によるSN比を検討し,変調度等の変調パラメータとSN比との関係を明らかにしている.