ウェーブディジタルフィルタの低係数感度分波器への応用

鈴木 正敏  若林 裕之  三木 信弘  永井 信夫  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J66-A   No.6   pp.508-515
発行日: 1983/06/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6091
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(591.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
低係数感度ディジタルフィルタの実現法の一つに,抵抗終端リアクタンス回路の動作をシミュレートする方法があり,ウェーブディジタルフィルタと呼ばれている.ウェーブディジタルフィルタは,抵抗終端リアクタンス回路の入出力ポート間の伝達関数と共に入力ポートにおける反射係数も同時に実現可能であるが,従来,ウェーブディジタルフィルタによる反射係数の実現は考察されているとは言えない.本論文では,ウェーブディジタルフィルタにおける上記の二つの伝達関数を積極的に利用することを提案し,ウェーブディジタルフィルタが分波器として応用可能であることを示す.更に,ウェーブディジタルフィルタの二つの特性を組合せて用いることにより,狭帯域B.E.F及び帯域を複数個に分割する分波器が容易に構成されることを示す.最後に,本文で提案したウェーブディジタルフィルタを用いて実現される分波器等の種々のフィルタが,乗算器個数の低減化に対して有効であること並びに低係数感度特性を有することを,いくつかの例題により確めている.