交錯法を用いたバースト誤り訂正符号の復号法

中野 幸男  笠原 正雄  滑川 敏彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J66-A   No.4   pp.344-351
発行日: 1983/04/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6091
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(602.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,ブロック交錯法を用いた誤り訂正符号に対する,新しいバースト誤り訂正復号法を提案している.最初に,交錯符号を構成する部分符号間のシンドロームの相関を利用した確率的な単一バースト誤り訂正復号法について述べている.この復号法は,交錯符号が潜在的に有している単一バースト誤り訂正能力を十分に引き出しており,又,復号時間が短いという特長を有している.続いて,この手法を一般化し,交錯符号に対する確率的なm重バースト誤り訂正復号法(m2)を提案している.この復号法においては,m重バースト誤り検出符号を交錯した符号に対し,部分符号間のシンドロームの相関によってバースト誤りの位置を推定した後,各部分符号ごとに消失誤り訂正を行ってm重バースト誤りを首尾よく訂正する.二重バースト誤り訂正について,Reed-Solomon符号と比較すると,この方式は復号時間が短く,又,バースト誤り訂正能力も比較的高くできるという特長を有する.又,これらの単一および多重バースト誤り訂正復号法のパフォーマンスを計算機シミュレーションによって確認し,その有用性を明らかにしている.