一般逆行列を用いた音声の選択的線形予測分析

溝口 理一郎  柳田 益造  谷口 義幸  角所 収  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J66-A   No.1   pp.56-63
発行日: 1983/01/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6091
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(671KB)>>
論文を購入




あらまし: 
現在,音声の分析には線形予測法が広く用いられているが,従来の線形予測法では,いわゆる自己相関法・共分散法共に,本来定常的であると考えられる部分の分析においても,励振源或いはピッチの影響を避けることができず正確な分析が困難になることがあった.この為,音声波形に対して差分等の前処理を行うことによって励振源の影響を軽減することが考えられているが,その効果は十分とは言えず検討の余地が残されている.本論文では,音声データの選択的利用に基づく新しい線形予測分析法を提案し,励振源の影響を軽減する問題を考察する.先ず一般逆行列を用いた線形予測分析の定式化を行う.次に,線形予測方程式の解法としてGivens変換を導入することにより逐次計算アルゴリズムを構成する.さらに,Givens変換におけるデータ更新の任意性と予測誤差が即時に求められるという性質を利用して,励振源の影響を受けない「きれいなデータ」のみを選択的に用いて分析するアルゴリズムを構成する.最後に,合成音及び自然音声を用いたシミュレーションにより,アルゴリズムの有効性を検証し,本手法が音声認識の為の優れた特徴パラメータの抽出法となり得ることを示す.