巡回符号のバースト誤り訂正能力

常盤 欣一朗  笠原 正雄  滑川 敏彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J66-A   No.10   pp.993-999
発行日: 1983/10/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6091
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(462.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
従来,代数的誤り訂正符号の研究は,訂正すべき誤りの種類(ランダム誤り,バースト誤り,複合誤り)に対していわば独立に行われてきている.しかしながら,現在のディジタル通信システムの諸分野におけるめざましい発展とともに,代数的誤り訂正符号にも種々の幅広い能力が要求されつつある.最近では,巡回符号の能力の見直しという立場から,Matt-Massey,Wangあるいは筆者らにより巡回符号のバースト誤り訂正能力に関する漸新な研究がなされている.本論文では,巡回符号のバースト誤り訂正能力を調べるために,生成行列を基にしたアルゴリズムを提案し,そのアルゴリズムが計算量の点で有効であることを明らかにする.更に,このアルゴリズムを実際に適用し,幾つかの巡回符号のバースト誤り訂正能力を調べ,これらの結果の一部を示す.そして,最大長系列符号のバースト誤り訂正能力に関する興味深い予想を与える.