パルス間隔・幅変調における変調波解析と電力スペクトル

宮園 道明  村田 正  滑川 敏彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J65-B   No.2   pp.200-206
発行日: 1982/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(404.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
一般に,パルス化アナログ変調方式では広い周波数帯域幅を必要とするため,使用する伝送路によっては伝送帯域制限を受けることがある.このため同方式の狭帯域化を図る必要がある.本論文では,パルス化アナログ変調方式として,パルス間隔・幅変調(PIWM)方式を取り上げ,PIWM波の電力スペクトルを周期的PIWM波の場合について求め,この電力スペクトルを検討することにより,変調波の解析および同方式の狭帯域伝送の可能性について検討した.変調信号の1周期当りの標本化個数を増加した場合,PIWM波の直流分および低周波成分を抑圧でき,又,変調信号の変動振幅を小さくしていった場合,電力スペクトルの形状は帯状から孤立したものとなる.この孤立したスペクトルを有する信号を1次PIWM波と定義した.次いで,1次PIWM波の解析を行い,同波の近似式を導出し,1次PIWM波は多周波信号の周波数変調波として表現できることを明らかにした.又,近似式から電力スペクトルを求め,これを1次PIWM波を定義した電力スペクトルと比較することにより,近似式の妥当性を確認した.