スペクトル拡散衛星通信方式における衛星中継器の非線形性の影響

片山 正昭  森永 規彦  滑川 敏彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J65-B   No.11   pp.1361-1368
発行日: 1982/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(576.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文は,スペクトル拡散(SS)通信方式を衛星通信に利用する場合に,衛星中継器の非線形性が多元接続SS信号に及ぼす影響についての解析を行ったものである.解析にあたっては自己相関関数を用いた相関解析を行い,衛星中継器の非線形性としては,AM/PM変換とAM/AM変換の両非線形性を考慮し,それぞれをパラメータk及びLで簡素に表した.この解析モデルによれば,パラメータ(kL)の値の組み合せによって種々の非線形性を表すことができ,AM/PM及びAM/AM変換がSS信号に与える影響について総合的かつ個別的に論じることができる.更に比較のため,このモデルを用い,SCPC信号に関しても同様の解析を行った.結果的には,衛星中継器の非線形性を考えるAM/AM変換のみならずAM/PM変換も性能劣化の要因として無視できないこと,しかしながら,SS信号はSCPC信号と比較して,非線形性が異なることによる特性の違いが小さいことを明らかにした.なお本論文では,SS信号として直接拡散SS信号を仮定し,性能評価は一時信号再生時におけるDU比を用いている.