ビームチルトを低減したマイクロストリップラインスロットアレーアンテナ

中岡 快二郎  伊藤 精彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J65-B   No.11   pp.1346-1352
発行日: 1982/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(458.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
マイクロストリップ路線の両縁に沿って接地板上にスロットを配列したマイクロストリップラインスロットアレーアンテナはレゾナントアレーとノンレゾナントアレーに分類されるが,いずれの場合も周波数が中心周波数から離れるにしたがい主ビームの向きが変るビームチルトが在り,指定した方向の利得は急激に劣化する.この特性は固定した方向から帯域幅を有する信号の受信を考えると大きな欠点になる.従ってこの論文では,この短所を克服するために導波管スロットアレーアンテナなどで使われた方法を採用し,その設計法を明らかにしている.更に,実験により比較的広い周波数範囲でビームチルトがほとんど無く平坦な利得特性の得られること,又従来のアンテナよりも高い利得が得られノンレゾナントアレーに関してはサイドローブを抑圧することができることを示し,ビームチルトを低減したマイクロストリップラインスロットアレーの有効性の大きいことを確認している.