2次元画像に対するシステム同定法に関する1考察

水野 治展  大松 繁  田中 幸一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J65-A   No.8   pp.772-778
発行日: 1982/08/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6091
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(634.5KB)
>>論文を購入


あらまし: 
近年,画像推定問題が活発に研究されるにともなっていろいろな画像に対するシステム同定法が提案されている.本論文では,画像モデルとしてAttasiモデルを取り上げ計算時間と記憶容量の減少を目的とした逐次的なパラメータおよびノイズの分散の推定法を提案する.ここで提案する手法は,パラメータ推定の際生じるバイアスを考慮したものであり2次元システムへ直接適用可能なものとなっている.また,ノイズの分散を推定するためにここではパラメータ推定の際生じる残差項の性質を用いた逐次的な推定法を提案し相関法に基づくノイズの分散の推定法と比較検討する.最後に,ここで提案したパラメータおよびノイズの分散の推理法をノイズに埋もれた画像データに適用し他の手法との推定精度の比較検討を行ない本手法の理論的妥当性を定量的に検証する.