非分離型自己共分散関数をもつ2次元フィルタの提案

水野 治展  大松 繁  添田 喬  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J65-A   No.4   pp.349-355
発行日: 1982/04/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6091
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(892.6KB)
>>論文を購入


あらまし: 
近年,衛星画像処理,医用画像処理などの発達と共に,2次元画像の画像修復に対して,いろいろな手法が提案されているが,本論文では,画像モデルとして非分離型自己共分散関数をもつ画像モデルを取り上げ,記憶容量の減少と処理時間の短縮を目的とした2次元システムに対するフィルタを提案する.また,フィルタを構成するのに必要な統計量を推定する簡便な手法を考察する.ここで提案する2次元フィルタは,不偏性と最小分散の推定規範を満足する安定なフィルタとなっている.また,ここで導出されるフィルタは,フィルタのパラメータa1a2a3のうちa3=0かつa1またはa2が0の場合には,カルマンフィルタのアルゴリズムと完全に一致するという性質を有しており,古典的なカルマンフィルタの2次元システムに対する一つの自然な拡張となっている.最後に,これまでに提案されている手法と本手法とのシミュレーションによる比較検討を行ない,本手法が推定精度および計算時間の点で優れていることを定量的に検証する.