差動位相変調方式への誤り訂正符号の適用

中野 幸男  笠原 正雄  滑川 敏彦  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J65-A   No.10   pp.1003-1010
発行日: 1982/10/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0373-6091
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(595.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
DCPSK方式への誤り訂正符号の適用に関して考察を行っている.従来,中村・飯島は,差動符号化の内側に適用されるべきブロック符号を差動符号化の外側に適用する方法を提案している.本論文では,まず初めに,中村・飯島の方法を符号理論的立場より詳細に考察し,この検討結果に基づいて,ブロック符号においては線形変換を用いることによってランダム誤り訂正符号からペア誤り訂正符号を構成できることを明らかにしている.又,この議論をたたみ込み符号に適用し,差動符号化を伴ったランダム誤り訂正符号の生成行列を線形変換することによりペア誤り訂正符号の生成行列を構成する手法を明らかにするとともに,DCPSK方式に適合するたたみ込み符号を計算機を用いて探索している.更に,同期検波の際の基準位相のスリップによる誤りと伝送路におけるランダム誤りとの両者を首尾よく訂正しうる符号を構成し,この符号がCPSK方式に対しても有効な符号であることを示している.