マイクロ波平面回路のインピーダンス行列を用いた電算機解析法

許 瑞邦  穴田 哲夫  金子 均  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J64-B   No.9   pp.986-993
発行日: 1981/09/25
Online ISSN: 
Print ISSN: 0373-6105
論文種別: 論文
専門分野: 
キーワード: 


本文: PDF(670.7KB)
>>論文を購入


あらまし: 
任意形状マイクロ波平面回路の広帯域周波数特性を計算するためには考慮に入れなくてはならないパラメータが多いため電算機に頼らざるを得ないが,最初から最後まで数値計算を電算機でやらせるとどこでどれだけ誤差が発生したか検討するのが困難である.ここでは,この点を解決すると共に従来の回路理論を平面回路解析に導入して見通しのよい計算法を確立するために,伝送線路より平面回路を見た姿態インピーダンスを定義し,これを用いて,平面回路が伝送線路の基本伝送姿態に対して示す実効インピーダンスの表現式を回路理論的に導出した.実効インピーダンスが計算されると容易に回路の周波数特性(S行列)を広帯域に計算することができる.更にこのようなステップに従った電算機プログラムを開発し,本プログラムを角切断直角曲りの周波数特性の計算に適用し,本電算機解析の問題点を検討した.又,本研究の副産物として,直角曲りの最適切断を計算することができ,これは従来知られていた結果と一致した.最後に,本手法は平面回路解析に有効であると共に,今後,任意形状平面回路の固有姿態を正確に高次まで求めることが本手法の要点であることも指摘した.